MENU

イボ痔はボラギノールで治る?

イボ痔はボラギノールで治る?

 

イボ痔はボラギノールで治るのでしょうか?

 

結論から先に言えば、初期症状ならば治る可能性があります。
ただ、つまめるほど大きなものや肛門の中から脱肛してしまっている痔に関しては完全な治癒は期待できないでしょう。

 

ではボラギノールはどういうときに使えばいい?

ボラギノールが有効な手段となるのは初期症状と痛みに関しての抑制効果です。
ボラギノールAには、ステロイドが配合されており、ステロイドが炎症を抑えること効果があるので、内痔核が脱肛してしまったときにおきやすい爛れや湿疹、痛みなどの諸症状に有効です。

 

また、ボラギノールには注入軟膏タイプや座薬タイプがあるので、中にできた内痔核の小さいイボには有効であることが考えられるため、注入軟膏タイプか坐薬タイプを選ぶようにしましょう。

 

外痔核の場合は血栓、血豆と同じようなものなので、ボラギノールで痛みの抑えることはできますが、治癒自体は難しいと考えられます。

 

血豆の治療と同様に血行をよくし、血栓に溜まった血を流す様な姿勢や薬、習慣などを取り入れる補助として使うことをおすすめします。

 

ボラギノールは買うべきか、買わないべきか

ボラギノールは初期症状や痛みに非常に有効です。
ですので、痔になりやすい方や痔になりそうな生活習慣を持っている方には有効な薬品になります。また、傷である切れ痔には頼りになる薬品です。

 

ボラギノールで大きくなったイボ痔を治そうという方にはあまり向きませんまが、突然の切れ痔や痛みの強い肛門の症状には強い味方になりますので、買っておいて損はない薬品と言えるかと思います。

 

イボ痔にならないためには?

イボ痔になる可能性というのは誰にでもあります。軽度のイボ痔には多くの人がなったことがあるでしょう。
イボ痔になる理由は基本的にはお尻の血行不良です。

 

お尻の血行は、長時間のお尻に負担のかかる座った姿勢、便秘、下痢、食生活、生活習慣などです。
特に便秘、下痢、座った姿勢という理由が多いそうです。

 

身体の調子を管理し、いつでも健康的な生活を意識するというのはなかなか難しいため、やはりなってしまったら恥ずかしがらずにすぐに治すということを考えておくことが大切です。

 

インターネットで注文できる痔用の市販薬ランキング

 

ピーチラックの特徴

なりやすいイボ痔を根本から治療する

イボ痔というのは繰り返しなってしまう人とそうではない人がいます。

その差を分けるのはイボ痔の原因となる「便秘」にあります。
便の排出が滞ると便の水分が抜け、固くなります。そして、いざ排便の際に肛門組織を傷つけてしまうのです。

そんな方におすすめしたいのが、6種類の生薬を配合した第二類医薬品ピーチラックです。
ピーチラックには、トウキ・サイコ・ショウマ・オウゴン・カンゾウ・ダイオウという生薬が配合されており、この生薬が慢性化した便秘にスーッと聞き、イボ痔の原因である固い便の状態を改善する働きがあります。

また、漢方の働きでそもそも便秘になりやすい体質も改善する働きがあるところ嬉しい点です。

現在、ピーチラックはモニターを募集しており、モニター価格でかなり廉価で購入することができるので、この機会にイボ痔の悪化を防ぎながら、イボ痔になりにくい体質を手に入れてみてはいかがでしょうか?

 

ピーチラックのおすすめポイント
  • 第二類医薬品
  • 6種類の生薬を配合
  • 2箱特別モニターコースあり

口コミ
漢方は初めてでしたが、便秘薬よりマイルドな効き目です。3ヶ月くらい続けて辞めた後に効果がなくなるかな、と思っていましたが、なんとなく便秘体質を改善したように思います。痔になりやすかったのもここ一年では再発せずに助かりました。
45歳/女性
イボ痔が出産を機に癖になったみたいで、悩まされていました。しかも便秘なのでなかなか治らないというのも辛かったのですが、ピーチラックを始めてからはすっと出るようになって、治りも早くなりました。頑固な便秘の人にいいみたいです。
36歳/女性
便秘用の漢方ですね。一回切れ痔とイボ痔の両方をやってから嫁が気を使ってくれるようになりました。そこで嫁も苦労していることを初めて知りました。まぁそれはともかく、1週間位で効き目が現れてきますね。快便快調です!今のところ再発もありません。
39歳/男性

価格 1980円
評価 評価5
備考 1箱特別モニターコース(一ヶ月分2箱入り)
 
 

プリザエースの特徴

止まって治す注入軟膏

プリザエースはステロイド非配合の痛み・出血・はれ・かゆみの緩和及び消毒の薬効がある指定第2類医薬品です。

プリザエースには、痛みをおさえるリドカインに加え、出血をおさえる塩酸テトラヒドロゾリン、炎症をおさえるヒドロコルチゾン、酢酸エステル等が配合されています。
ステロイド(ヒドロコルチゾン)が配合されているため、強力に炎症に働きかけます。

特に痒みや傷の治りやすさ、出血を抑える効果に定評があります。

価格帯も1000円代と安く、注入と軟膏タイプが両方ある注入軟膏タイプが人気です。

 

プリザエースのおすすめポイント
  • 指定第2類医薬品
  • 鎮痛効果にはリドカインを配合
  • 出血抑制効果、抗炎症性成分を配合
  • 塗る注入ができる持ち運びに便利な注入軟膏

口コミ
色々比較してみましたが、一番いいのがプリザエースだと確信!とにかく痛みに強い感じで感動しています。外のイボ痔だったのでかなり痛かったのですが、塗った瞬間にあ、違うって思いました。
39歳/男性
長年愛用したボラギノールと比較してこっちのほうが相性がいいのでプリザエースに切り替えました。痛いときはプリザエース、そうでもないときはボラギノールみたいな使い方をしています。治りはどっちも変わんない気がします。
42歳/女性

なぜか営業に転職してから痔にさいなまれるようになりました。ストレスかもしれないですね。出先で持ち運びができるのでプリザエースはありがたいですね。中にできるタイプなので坐薬は持ち歩けないのでホント便利です。
34歳/男性

価格 980円
評価 評価4.5
備考 定価1,728円
 
 

ボラギノールAの特徴

CMでおなじみ痔の薬の代名詞

痔にはボラギノール、でお馴染みの黄色いパッケージの痔の薬です。
ステロイドを配合しているので強力に痔の炎症をカバーし、有効成分が出血・痛みなどを取り除くことができます。

ボラギノールにはステロイド非配合のMタイプというものもありますので、場合によっては使い分けができるのも特徴です。
おすすめの注入軟膏タイプは携帯性に優れ、日本人のお尻の形を考えて作られているので、注入がスムーズなところが特徴的です。

配合されている成分は、プリザエースと比べるとシンプルなものの、効き目は十分に期待できる医薬品となっています。

 

ボラギノールAのおすすめポイント
  • ステロイド配合
  • CMでも有名な痔の薬としての認知度の高さ
  • 持ち運びしやすい注入軟膏タイプ

口コミ
痔といえばボラギノールというイメージしかないので購入してみました。ステロイドってヒリヒリとかするイメージでしたが、特にそんなこともなくお尻の保護をしてくれる感じです。
31歳/男性
出産後に始めたなったときに母から貰いました。2週間くらいでなんとか治りました。まだ飛び出してくる前だったみたいで市販薬で治ってよかったです。さすがに肛門に指を突っ込まれるのは嫌なので(笑)
24歳/女性
便秘がひどすぎて切れ痔とイボ痔を二回連続で両方やってしまいました。幸いイボ痔は出血ですぐに気付けたのでボラギノールをぬりぬりして治しました。効き目は十分に強いと思います。
42歳/男性

価格 1,236円
評価 評価4
備考 定価1,944円
 

関連ページ

イボ痔が痛い!腫れを引かせる方法は?
イボ痔が痛い!腫れを引かせる方法についてです。
イボ痔の大きさの基準
イボ痔の大きさの基準についてです。
イボ痔が痛くないけど出ているときは?
イボ痔が痛くないけど出ているときはどうすればいいのか説明します。
女性のイボ痔手術方法
女性のイボ痔手術方法 についてです。
妊娠中のイボ痔の治し方
妊娠中のイボ痔の治し方についてです。
イボ痔は放置するとどうなる?
イボ痔は放置するとどうなるのでしょうか?